FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

土茜町異空間回想録攻略

ゲーム紹介
【ふりーむ!】【フリーゲーム夢現】

<<ゲームファイルのダウンロードはこちら>>
t1.png
この記事はver1.0bに対応してます。



・第1話
・第2話
・第4話
・分岐の条件
・小ネタ

【第1話】

mini_map_1.png
↑第1話の全体マップ

ここでやるべきことは、ハンマーを取る、4つの宝を爆破する、鍵を見つけるの3つ。

ハンマーはスタート地点の上の部屋C6にある。
レバーを倒すことで罠が解除されるため、迂回して上から入り、レバーを倒したら戻って宝箱を開けよう。

4つの宝はそれぞれ、C4(鏡)、E6(人形)、F3(こけし)、F7(ハニワ)にある。
C4 … 鏡に映った部屋を頼りに、一番左にある絵画を調べる。
E6 … 左の方から入れる。
F3 … 何度も挑戦してタイミングを掴む。
F7 … 最初に下を押して、あとは道なりに進ませる。
※F5にガラスの壁があるため、E6に行くにはハンマーが必要になる。

鍵はC5、C7、F4、F5の床下収納に隠されている。
ランダムで配置されるのではなく、最後に壊したところから出現するため、見逃しのないように。

【第2話】

mini_map_2.png
↑第2話の全体マップ

ここでやるべきことは、ハンマーを取る、特定のフロアを訪れるの2つ。
ダッシュが必要になる場面があるので操作に慣れておこう。

ハンマーはG4の右上の宝箱にある。
C5にそれっぽいヒントがあったりする。

特定のフロアとは無数のクリスタルがあり、床の窪みが数字になっているところを指す。
該当するのはB4、B6、E7(スタート地点)、G5の4つ。
B4は隠し部屋で、C4からハンマーを使うことで出現する。
E3の幽霊がヒントをほのめかしている。

F4の看板しかない狭い部屋は、向かいの部屋にある床の窪みに沿えば進める(左から2マス目を下に進む)。
看板の『画面の中に答えがある。』もこれを指している。

E5で扉に該当するクリスタルの数を入力する。
一度でも訪れたフロアはここで再度、確認することができる。
訪れていない場合は、クリスタルが半透明になっており見ることができないが、
数字さえ合っていれば扉は開くので、総当りしても問題ない。
答:1の扉「4」、2の扉「6」、3の扉「27」、4の扉「5」

E4にある生首の入った宝箱はミス数によって増減する。
ミス数が3以下 … 正解の宝箱のみ
ミス数が4以上14以下 … 4種類全部
ミス数が15以上 … ハズレの宝箱3種類のみ
これもC5のヒントが当てはまる。

【第4話】

mini_map_4.png
↑第4話の全体マップ

ここでやるべきことは、ハンマーを取る、2冊の本を見つける、指定の本棚に戻すの3つ。
全体的に画面が暗いので、ダッシュは抑えた方がいい。

ハンマーはE4にあるが、そこに行くにはE3にあるレバーを動かす必要がある。
スタート地点であるG7から左に進むことでE3のレバーのところに行ける。
途中の矢が飛んでいる部屋(E7)は上のルートが完全に罠のため、下を進むようにすること。

E4ではマネキンを動かして宝箱までの道を作ることになる。
間違って出口を塞いでしまっても、Aキーを押すことで前の部屋に戻ることができる。
so_koban_2.png
↑解答例

2冊の本はF7(緑色の本)、G6(赤色の本)に隠されている。
F7の花瓶が置かれた机、G6のヒビの入った壁をハンマーで壊すと入手可能になる。

指定の本棚はD4、E6にある。
F5のヒントを頼りに正しい入れ方で本を収めると、C4の扉が開く。
答:【D4】赤色の本を背表紙側を向けて入れる、【E6】緑色の本を上下逆さまで入れる

B3では四文字の冷たい食べ物の名前を当てる。
パターンが少ないので簡単。
答:ざるそば

D3の見えない通路の部屋は右上に進もうと体当たりしていれば、いずれ突破できる。

【分岐の条件】

以下の条件を満たすことで、エンディングの内容が追加される。
・1話と2話のミスした数の合計が10以下
・2話で正しい頭を選択
・4話のミスした数が10以下

【小ネタ】

・ミス数の最大は60。
・無意味に物を壊した回数の最大は47。
・メニューを開いてる間は完全無敵で、矢などに当たっていてもミスにならない。

【第1話】
・屋敷の玄関にあるタヌキの置物にオープニングを飛ばす方法が記されている。
・C5の少し開いている扉に手を入れるとミス数が1増える。
・E5のふすまにアカガミが隠れている。
・ミス数に応じて、1話終了間際のアカガミの台詞が変わる。

【第2話】
・足跡のある暗い通路を進んで次の部屋への入り口を見つけてから、しばらく戻ろうとすると『戻れないよ』というメッセージが出る。
・C6にあるヒビの入った壁を壊すと、自分の姿をした何かが消える。
・E3の床の窪みは2話異空間の全体図を表しており、幽霊がいるところは矢印の部屋を示している。
・F5の無数にある出っ張りを全部潰すと宝箱が出現する。

【第3話】
・1話と2話のミス数の合計が10以下の場合のみ、マツリの独白が挿入される。

【第4話】
・4話で探索の舞台となる学校のような場所は、過去作『ユキと迷宮学校』で訪れた元廃校の撮影現場。
・3話でマツリの独白を見た場合に限り、アカガミとマツリの会話が挿入される。
・B2、G6にこのゲームの重要人物がいる。一度でも画面を切り替えると消える。
・B3の文字列を作る部屋をクリアし再び部屋に戻ると、画面左下に『あ』と表示されている。
スポンサーサイト



| 土茜町異空間回想録 | 20:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT